紀要論文 仕事のやりがいと仕事時間の裁量性は,出産と就業の選択に影響しているか : 日米比較
Influence of Rewarding Work a nd Work Hours’ F lexibility on C ontinuous Working a nd Childbirth among Married Women in Japan-U.S. Comparison

山谷, 真名

22pp.1 - 16 , 2015-11-02 , お茶の水女子大学生活社会科学研究会
NII書誌ID(NCID):AN10459016
内容記述
日本では,米国と比べ,性別役割分業意識が根強いため,女性は「働く意味:\仕事のやりがい」を求められている.また,日本では,米国よりも「仕事時間\の裁量性」がないことが特徴である.そのため,本研究では,先行研究によっ\て出産や就業に影響を与えるとされてきた①通常の経済モデルの要因(自身の\賃金率,夫の所得など),②企業の制度・職場環境や社会的環境(育児休業制\度の有無や就業しやすい雰囲気,職種など),③女性の役割に関する意識(母\親役割意識,学卒時の就業継続意識の有無など),④夫の家事・育児参加や親\の育児・家事協力を,コントロール変数として,仕事のやりがいと仕事の裁量\性が出産と就業の選択に影響しているかを検証した.その時に,既婚女性は,\出産するかしないかという出産選択と就業か無業かという就業選択を同時に\行っていると仮定し,どのような要因が選択に影響しているのかをBivariate\probit モデルで推定した.データは,お茶の水女子大学 文部科学省・学術振\興会委託事業「ジェンダー・格差センシティブな働き方と生活の調和」研究プ\ロジェクトが,2011 年に実施した日本全国無作為アンケート調査と2012 年に\実施した米国6 都市におけるWEB アンケート調査である.\ 分析の結果,日本においては,「仕事のやりがい」は,「出産時退職」の選択\にマイナスの影響を与え,「就業継続非出産」の選択にプラスの影響を与えて\いた.これは,日本では出産前は「仕事のやりがい」のある職場であっても,\出産後マミートラックのような出産前よりも責任が軽かったり,仕事が限定さ\れていたりして「仕事のやりがい」が見込めない場合が多く,出産を躊躇して\しまうからであろう.また,「仕事時間の裁量性」は,日本においては,「出産\後就業継続」の選択にプラスの影響を与えており,「出産時退職」,「非就業継\続非出産」の選択にマイナスの影響を与えていた.「出産後就業継続」する女\性を増やしていくためには,「仕事時間の裁量性」が多くの女性に与えられる\ことが必要だろう.
In Japan, the difficulty that women experience continuing to work after childbirth is widely known\and a great deal of research has been conducted on the factors affecting this.\I will examine how rewarding work and work hours’ flexibility are associated with continuous\working and childbirth among married women in Japan and U.S.\The data used for this study was collected in 2011 and 2012 by Ochanomizu University of the\Program for Promoting Social Science Research Aimed at Solutions of Near Future Problems:\Achieving Work and Family Life Balance in Japan and U.S. working women completed surveys about\their attitudes toward work and family life. They were surveyed concerning job characteristics before\ marriage and the birth of their first child. I conduct analyses using bivariate probit. The idea is that\two decisions (continuous working and childbirth) are interrelated.\I discovered that in Japan the working continuity rate of women after childbirth is higher ,if their\work were rewarding and their jobs were flexible.\Implications of these findings are discussed in light of attention to developing new ways to encourage\Japanese female workers to balance their careers and child-rearing.
本文を読む

https://teapot.lib.ocha.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=40491&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報