研究報告書 動的なサービス価値共創システムモデルの研究

舩橋, 誠壽

内容記述
プロバイダーと顧客の共創による価値創造を促進する動的なサービスシステムモデルを開発し、有効な応用分野へ展開した。サービスシステムモデルは、①サービスシステム概念モデルと②サービスシステムの構成要素から構成される。特に、システム構成要素として、価値空間内での共創プロセスモデル、脳科学を応用した顧客満足度評価、サービス提供者の成長モデル、感性評価による顧客価値評価、などの新しい方法論を開発した。サービスシステムの有効な応用分野では、製造業のサービス化、地域サービスシステムなどを対象に、事例研究、アクションリサーチを行った。これらの研究成果はSociety5.0などに応用できる。:A dynamic service system model which promotes value co-creation between service providers and customers was developed and was applied to effective application fields. The service system model consists of service system conceptual model and components of service system. New methodologies such as a co-creation process model, customers’ satisfaction evaluation using brain science, growth model of service provider, sensibility evaluation for customer decision were developed. Also, various applications using a dynamic service system concept were demonstrated through cases studies and action researches in manufacturing servitization and social service systems. These research results can be applied to “Society5.0”.
基盤研究(A)(一般)
研究期間:2013~2016
課題番号:25240049
研究者番号:10417040
研究分野:システム科学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/14333/1/25240049seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報