研究報告書 詰め将棋の美観評価と創作アルゴリズム

飯田, 弘之

内容記述
本研究は詰将棋を題材としてコンピュータによる自動創作とその美観評価を探求した.深層証明数探索アルゴリズムを考案し,証明数を用いた詰将棋の感性評価実験を実施した結果,問題の難易度が評価に大きな影響を与えていることをつきとめた.美観評価の高い問題の自動創作に際して,名作と呼ばれる詰将棋の初期局面を形状保持するヒューリスティックを考案し,評価実験により提案手法の有効性を示した.感性評価の新たな方法としてゲーム洗練度の指標を用い,パズルや思考ゲーム等を対象とした評価実験の結果,長い歴史の中で洗練されいまなお親しまれているゲームやパズルは,ゲーム洗練度の値がほぼ同じであることを確認した.:This study explores the automatic composition of mating problems in shogi and its aesthetics assessment. It proposes a new search algorithm called Deep df-pn (Deep depth-first proof-number search) and proof numbers were employed for the assessment of mating problems composed. It also proposes a new search heuristics called shape keeping heuristics that uses the same shape with the initial position of master-piece problems. The idea was incorporated into our mating composition system to produce new mating probems with high quality aesthetics. Moreover, a measurement of game refinement was used to evaluate single-agent puzzles and various games. It is confirmed that sophisticated puzzles and games have the same or similar value of game refinement, by which people can deeply enjoy such puzzles and games.
挑戦的萌芽研究
研究期間:2014~2016
課題番号:26540189
研究者番号:80281723
研究分野:ゲーム情報学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/14326/1/26540189seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報