研究報告書 アカデミックセカンドランゲージ学習のためのオブジェクトマッシュアップに関する研究

長谷川, 忍

内容記述
本研究では,高等教育機関で学ぶ留学生に要求される,アカデミックレベルの第二外国語に関する学習過程をモデル化し,言語学習スキルの向上に役立つ学習戦略を体系化すると共に,それぞれの留学生の言語能力や学習習慣,学習状況などの特徴に応じた学習環境を提供できるシステムを開発した.学習環境の開発にあたっては,様々な学習戦略を支援するための構成要素をシステム上のオブジェクト(部品)として実装することにより,これらの組み合わせや再利用を容易にするオブジェクトマッシュアップアプローチを実現した.また,いくつかのケーススタディを通じて,提案手法がリスニングスキルの向上に一定の効果があることが示された.:In this research, we have modeled a learning process on the second foreign language with the academic level, especially required for international students studying at higher education institutions. We have also organized learning strategies and tactics useful for improving language learning skills. Applying the proposed model, we have developed a learning environment which enables the students to customize the learning environment based on their learning habits, situations, and characteristics. For the prototype system, we have implemented an object mashup approach that facilitates combining and reusing the learning objects to support various learning strategies and tactics. Through a couple of case studies, the proposed approach indicated an effect on improving the skills of second foreign language learning.
基盤研究(C)(一般)
研究期間:2014~2016
課題番号:26330395
研究者番号:30345665
研究分野:教育工学,学習工学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/14325/1/26330395seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報