研究報告書 スピン波熱移送の制御と冷却効果の観測

An, Toshu

内容記述
先ず、スピン波熱移送効果の原理の解明に取り組み、イットリウム鉄ガーネット(YIG)磁性体試料において励起スピン波の周波数依存性を観測した。励起スピン波において、低周波数では試料端でのスピン波熱移送効果が観測されるが、高周波数ではより試料内側に効果がシフトして観測されることを明らかにした。続いてスピンホール効果によるスピン波熱移送効果の制御を試みた。YIG試料上に製膜されたプラチナ薄膜やタングステン薄膜へ電流を印加し、スピンホール効果によるスピン注入による熱移送量の変調に起因する可能性のある温度の変調信号を赤外線カメラにより観測することに成功した。:First, spin wave heat conveyer effect was investigated on an yttrium iron garnet (YIG) sample as a function of excited spin-wave frequencies. At lower frequency the heat conveyer effect was observed localized at the sample end. At higher frequency, the effect was observed shift to inner position from the sample end. Second, spin transfer torque was applied to spin waves by spin Hall effect through the Pt and/or W film evaporated on the YIG sample by flowing a current. The modulated spin-wave heat conveyer effect was observed at the sample end by using infrared camera. This observed effect is possible to be originated from spin Hall effect.
基盤研究(B)(一般)
研究期間:2014~2016
課題番号:26286041
研究者番号:70500031
研究分野:スピンエレクトロニクス
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/14320/4/26286041seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報