Research Paper 脂質膜-両性電解質ポリマーの相互作用解析による新たな細胞凍結傷害メカニズムの解明

濱田, 勉

Description
細胞の凍結保存は、再生医療の重要な基盤技術の1つである。本研究課題では、両性電解質ポリマーと脂質膜の相互作用に着目し、細胞凍結機構の解明および凍結保護マテリアルの開発を行った。両性電解質ポリマーに疎水性部位を導入することで凍結保護機能が向上すること、両性電解質ポリマーの温度や塩濃度による相分離特性、ポリマーの脂質膜への吸着挙動、脂質膜構造に対する静電効果などを明らかにした。:Cryopreservation of cells is one of important technologies for regenerative medicine. Here, we focus on the interaction between polyampholytes and lipid membranes to clarify the mechanism of cell freezing and develop new materials. We found the improvement of cryoprotective function by introducing hydrophobic moiety into a polyampholyte, phase diagram of the polymer, adsorption behavior of the polymer on the membrane, and electrostatic effects on membrane structures.
挑戦的萌芽研究
研究期間:2015~2016
課題番号:15K12538
研究者番号:40432140
研究分野:ソフトマター
Full-Text

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/14317/1/15K12538seika.pdf

Number of accesses :  

Other information