研究報告書 LatticeNET: Practical Lattice Codes for Cooperative Wireless Networks

Kurkoski, Brian

内容記述
無線通信システムのスペクトル効率を向上するために新しい実用的な有限長の格子符号化方式を開発した。以下の3つの重要な特性を有する新しい格子符号化方式を提案した:(1)AWGN送信電力制約を満たす(シェーピング利得を高める)、(2)高い誤り訂正能力を有する(符号化利得を高める)、(3)効率的な量子化および復号アルゴリズムを有する。性能・複雑性のトレードオフを改善するために2つの新しい確率伝搬法に基づく格子復号アルゴリズムを開発した。格子計算転送(compute and forward)手法を2つのガウスネットワークに適用し、格子符号化が無線ネットワークのスペクトル効率を改善できることを示した。:We developed new practical, finite-length lattice coding schemes to improve spectral efficiency of wireless communication systems. We developed a new lattice encoding scheme that possesses three important properties: (1) satisfies the AWGN transit power constraint (high shaping gain) (2) has high error-correction capability (high coding gain) (3) efficient quantization and decoding algorithms (low computational complexity). We developed two new belief-propagation lattice decoding algorithms to improve the performance-complexity tradeoff. Lattice compute-and-forward techniques were applied to two Gaussian networks, showing that lattice coding can improve the spectral efficiency of wireless networks.
基盤研究(B)(一般)
研究期間:2014~2016
課題番号:26289119
研究者番号:80444123
研究分野:情報科学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/14313/1/26289119seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報