研究報告書 地域住民の内部ルールを考慮した地域通貨流通メカニズムに関する研究

小林, 重人

内容記述
地域住民の内部ルールの影響も含めた地域通貨の流通メカニズムを,ゲーミングとコンピュータシミュレーションの2つの手法を組み合わせることで研究を行った.ゲーミングの結果からは,地域通貨導入によってゲーム参加者の売買行動および地域に対する愛着や助け合いの高まりといった価値観の変容が確認された.こうした変容を実装したコンピュータシミュレーションの実施により,地域重視の価値観,有償ボランティア,地域通貨残高の間にフィードバックループが形成され,地域内での購入割合が上昇するという地域通貨の流通メカニズムを示した.この知見は,内部ルールに働きかける地域通貨の政策の重要性を示唆するものである.:We studied the mechanism of community currency circulation including internal rules by combining two different methods: gaming and multi-agent simulation. Our gaming results confirm that the introduction of a community currency causes changes in buying behavior and value consciousness. Such changes include a stronger attachment to local community and greater mutual cooperation. We show that the circulation mechanism is a feedback loop that consists of value consciousness, paid volunteers, and the community currency. This mechanism promotes purchasing in the local community. Our finding suggests the importance of community currency policy that affects people’s internal rules.
若手研究(B)
研究期間:2013~2016
課題番号:25750122
研究者番号:20610059
研究分野:進化経済学,複雑系科学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/14307/1/25750122seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報