研究報告書 担体構造の多面的定量と多変量解析を基盤とした不均一系触媒の構造性能相関の解明

寺野, 稔

内容記述
階層構造と化学組成の設計は不均一系触媒の多機能性を実現する鍵因子である。一方、機能性を求めた触媒構造の複雑化は、構造性能相関の解明を著しく困難にする。本研究では、工業的なオレフィン重合の大部分を担うZiegler-Natta触媒を例にとり、触媒構造の多面的な定量化と多変量解析を組み合わせることで、多機能触媒の構造性能相関の系統的な解明を試みた。Ziegler-Natta触媒の構造制御法と系統的な定量法を提案した。遺伝的アルゴリズムを併用した重回帰分析によって、複雑な不均一系触媒の構造性能相関をモデル化する方法論を確立しその有効性を実証することに成功した。 : Structural hierarchy over multi-length scales and combination of different chemical entities are key issues to realize multifunctionality in heterogeneous catalysts. On the other hands, sophisticated multifunctionality invites complication in catalyst structures, which makes it extremely challenging to elucidate structure-performance relationships in catalysis. In this study, we have aimed at comprehensive elucidation of structure-performance relationships in heterogeneous Zielger-Natta olefin polymerization. We proposed synthetic methods to control catalyst structures and a series of characterization and analytical methods to quantify catalyst structures. Based on multiple regression analyses combined with a genetic algorithm, we finally succeeded in statistically modeling the structure-performance relationships.
基盤研究(C)(一般)
研究期間:2013~2015
課題番号:25420826
研究者番号:90251975
研究分野:プロセス・化学工学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/13695/1/25420826seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報