研究報告書 バイオマス由来物質の再資源化に向けた複合固体触媒反応系の開発

海老谷, 幸喜

内容記述
非食性バイオマス由来物質を化成品や燃料として再資源化するための固体触媒反応系の開発を行った。糖類から有機酸・ジオール類等の化成品への変換反応においては、加水分解反応、骨格の異性化反応、脱水反応、官能基の選択酸化反応および炭素―炭素結合の酸化的な開裂反応が含まれる。本研究では、酸・塩基、酸化・還元機能を持つ固体触媒を同一反応場で高度に複合化させ、高機能性複合固体触媒を創製した。得られたギ酸を水素源として用いるフルフラール類を含むバイオマス由来物質と有機化合物の選択的還元反応にも展開した。 : Our research group has been focusing on a development of heterogeneous catalytic systems for the transformations of biomass-related materials into value-added compounds. The conversion of sugars into chemicals such as organic acids and diols includes hydrolysis, skeletal isomerization, dehydration, selective oxidation of functionalities, and oxidative cleavage of C-O bonds. We developed highly-functionalized solid catalytic system having acid, base, oxidation and reduction abilities for one-pot conversion of sugars. Furthermore, we found selective catalytic reduction of biomass-derived materials and organic compounds including furfurals using formic acid as a hydrogen source.
基盤研究(C)(一般)
研究期間:2013~2015
課題番号:25420825
研究者番号:50242269
研究分野:触媒化学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/13685/1/25420825seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報