研究報告書 グループ知を活かす電子会議システムの理論とその応用

由井薗, 隆也

内容記述
電子会議システムが支援する問題解決会議プロセスを2段階に分けて総合的に評価した.その2段階は,問題に対して「多くの意見を出す段階」と「多くの意見をまとめる段階」である.過去の事例を分析した結果,意見に含まれる内容が会議の結論文章に含まれているほど,文章の評価が高い.その評価結果をもとに,意見単語の文章反映をチェックする機能を電子会議システムに実装した.評価実験の結果,チェック機能により,会議で得られた結論文章の評価値を改善できることがわかった. : Electronic meeting system to support problem-solving meeting was systematically evaluated by dividing two phases: divergent thinking phase to make many ideas and convergent thinking phase to aggregate the many ideas. After analysis of past meeting, evaluation value of conclusion sentences became more valuable when the conclusion sentences included more content of the many ideas. A new function to check the inclusion of the words of many ideas in the conclusion sentences was implemented in the electronic meeting system. The experiments using the new function demonstrated the value of the conclusion sentences could be improved.
基盤研究(C)(一般)
研究期間:2012~2015
課題番号:24500143
研究者番号:70315399
研究分野:情報工学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/13668/1/24500143seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報