研究報告書 省メモリ計算モデル上でのアルゴリズム設計技法の開発

浅野, 哲夫

内容記述
近年の計算機環境は著しい変化を遂げている.計算機の性能が上がるにつれ,より大きな規模の問題が解けるようになり,いわゆるビッグデータ処理が注目を集めているところである.このように問題のサイズは大きくなる一方であるが,データサイズが大きすぎて主記憶に収まりきらないという問題がある.そのために省メモリのアルゴリズムが要求されるが,この分野の研究は始まったばかりである.本研究では,計算幾何学に焦点をあてつつ,グラフ理論の諸問題に対する省メモリアルゴリズム,2値画像処理に対する効率の良いアルゴリズムを開発した. : With recent progressin computer environment, as the performance of computers is improved, people tend to be interested in larger-sized problems such as big-data processing. The problem size is continuously growing, we have a problem of too large memory size to be included in computer main memory. Because of this reason memory-constrained algorithms are requested in many ways, but research on small-memory algorithms has just begun. In this research we focus on computational geometry and develop memory-efficient algorithms, but we also developed efficient algorithms for graph problems and binary image processing problems.
研究種目:基盤研究(B)
研究期間:2011~2014
課題番号:23300001
研究者番号:90113133
研究分野:計算幾何学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/12836/1/23300001seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報