Research Paper イタコン酸の不斉環化反応による高性能ポリアミドの合成

金子, 達雄

Description
植物分子を出発物質として得られるバイオベースポリマーは脱石油・炭素固定の意味で重要なだけでなく、生体分子の構造から発想する新機能材料創成のための新しい学術分野である。しかし、その耐熱性など性能は低く応用範囲は限られている。本研究では広く流通している生体分子の一つであるイタコン酸からポリアミド(ナイロンTM)を初めて合成し、高耐熱のバイオプラスチックを作成した。また、その中にL体とD体の両方のアミノ酸を組み込んでポリアミド合成した所、それぞれ単独のアミノ酸のみを取り入れた時と比べて結晶化度が上がり、より高耐熱で高力学強度のバイオプラスチックを開発できた。 : Bio-based polymers prepared from plant-derived starting-materials are important in the viewpoint of carbon-fixation and renewability. In addition, the bio-based polymers give a new field of functional polymeric materials induced from the specific structures of biomolecules. However the bio-based polymers are not applized very widely because of the low thermal resistance performance. In this project, the polyamides such as NylonTM were newly synthesized one of widely-circulating biomolecules, itaconic acid, and from which we developed high-thermoresistance bioplastics. Moreover the polymers prepared by incorporation of both of L-amino acid and D-amino acid showed a higher crystallization degree, higher thermoresistance, and higher mechanical properties than those prepared by each of L-amino acid and D-amino acid.
研究種目:挑戦的萌芽研究
研究期間:2012~2014
課題番号:24655099
研究者番号:20292047
研究分野:高分子合成
Full-Text

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/12826/1/24655099seika.pdf

Number of accesses :  

Other information