研究報告書 到来方向の違いによる音響的特徴を活用した音声強調手法の提案

森川, 大輔

内容記述
目的の音の聴取を容易にするために重要な到来方向の違いによる音響的特徴を明らかにするために、音響的特徴の操作を行って聴取実験を行うための実験系を構築し、聴取実験を行った。また、明らかになった結果をもとに、目的の音を聞き取りやすく呈示するシステムを構築・評価し、この知見の有効利用によって、聞き取りやすい補聴器の開発等に貢献できることを確認した。 : In this study, to clarify what the important acoustic features from sound direction in order to easily listen target sound. Then, we conducted listening tests using sound presentation system which can control acoustic features. In addition, the system which can help to listen target sound was develop and evaluate with listening test's result. These results suggest that the important acoustic features from sound direction are contribute to hearing aid development.
研究種目:研究活動スタート支援
研究期間:2013~2014
課題番号:25880011
研究者番号:70709146
研究分野:音響工学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/12824/1/25880011seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報