研究報告書 媒体中の剛体運動に対する対話的なシミュレーション

宮田, 一乗

内容記述
一般的に媒体は粘性を持つために、媒体中を移動する物体は粘性や乱流の影響を受けるため、挙動が複雑に変化する。この挙動を厳密な物理シミュレーションにより実時間で求めるのは、現状ではほぼ不可能である。この課題に対し、本論文はデータ駆動のシミュレーション手法を提案し、低い計算コストで、舞い散る木の葉や水中を落下するコイン、紙飛行機の墜落など、媒体中での物体の複雑な挙動をリアルタイムで表現することに成功した。 : The virtual worlds under the conventional animation techniques utilize the ideal models with no consideration of the detailed effects of the flow environments, which take account of the inertial, viscous, and turbulent features. The research aim of immersed rigid body dynamics is to simulate the motion of rigid body fully immersed or submerged inside real flows, and strongly coupled with the surrounding flows. The algorithm is built on data-driven simulation methods to simulate the rigid body dynamics with the flow effects. Our approach makes it feasible to achieve realistic simulation results, such as falling leaves, coin falling motion in water, and plying paper plane, in low computation cost.
研究種目:挑戦的萌芽研究
研究期間:2014~2014
課題番号:26540051
研究者番号:00308355
研究分野:コンピュータグラフィックス
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/12813/1/26540051seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報