研究報告書 視線コミュニケーションの計測とロボット製作による意図共有メカニズムの解明

金野, 武司

内容記述
本研究では,視線のやりとりを通じて人が意図を共有するメカニズムの解明に向けて,人どうし,人と遠隔操作ロボット,人と自律型ロボットという3種類の実験を計画した.まず,人どうしの実験でメガネ型装置を使った二者同時の視線計測実験を設計した.続いて,この実験への参加者の一方をロボットに置き換えるために,ロボットに実装すべきメカニズムを検討した.これらの検討と並行して,ロボットを遠隔操作するためのシステム開発を行なった.上記の成果は,適宜,国内会議および国際会議において報告を行なった. : In this research, in order to clear the mechanism of mutual understanding of intentions through visual interactions, we planed three types of experiments: human-human, human-remote control robot, and human-autonomous robot interaction. First, we designed an experiment of simultaneous recording of two human's gaze using a glasses equipment. Second, we considered mechanisms of the robot in order to replace the human with the robot. At the same time, we developed a remote control system of the robot. These outcomes were reported at two international conferences and a domestic symposium.
研究種目:若手研究(B)
研究期間:2012~2014
課題番号:24700258
研究者番号:50537058
研究分野:認知科学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/12810/1/24700258seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報