Research Paper 「サービス場」概念に基づくサービス価値創造モデリング

小坂, 満隆

Description
サービスの価値を定量的に評価する方法として、力が電磁場と電荷の相対的な関係で決まる物理学の場の理論に着目し、サービス場とサービスの関係でサービス価値を決める方法を考案した。具体的には、提供するサービスの属性ベクトルと顧客の求めるサービスの属性ベクトルの内積として、サービス価値を計算する。この方法を観光地のサービス価値評価に応用し、京都、仙台、金沢の持つ特性がどのような顧客層にサービス価値を生むかを定量的に評価した。また、サービス場に基づく価値創造プロセスとしてKIKIモデルを考案し、いくつかの事例分析を通して、これが企業におけるサービス価値創造プロセスのモデル化になっていることを示した。 : This research proposes a methodology of evaluating service value based on the relationship between a provided service and a service field, which is analogous to the electro-magnetic field in physics. In the methodology, the service value is defined by an inner product of a provided service attribute vector and a required service attribute vector based on the service field concept. The proposed method was then applied to the evaluation of attractiveness in sightseeing of Kyoto, Sendai and Kanazawa. This mathematical model seemed to be effective in theoretically analyzing service value. Also, based on the service field, KIKI model which provides service value creation process model, is developed and its effectiveness is demonstrated through various applications analysis.
研究種目:基盤研究(C)
研究期間:2012~2014
課題番号:24510186
研究者番号:30508411
研究分野:サービスサイエンス
Full-Text

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/12809/1/24510186seika.pdf

Number of accesses :  

Other information