Research Paper ビジネスと人類学に関する実践的・メタ人類学的研究:日英米の国際比較の視点から

伊藤, 泰信

Description
本研究は、人類学の手法(とりわけエスノグラフィ)が、産業界においていかに活用されているかを観察しようというメタ人類学的な試みである。同時に(広義の)ビジネス実務に資する人類学を実践的に検討する。一方で、人類学という知の幅を押し広げる可能性を持つものとして、人類学的手法を取り入れつつある産業界の動向を積極的に捉え返し、他方で、広義のビジネス実務に人類学がいかに資するか、その有効性と限界を探ろうとするものである。その成果は、発表や論文、更なるプロジェクトの組織化などへと展開している。 : The purpose of this research was to investigate how firms are using anthropological knowledge and research methods (ethnography) in a Japanese business context. At the same time I investigated the possibilities and limitations of ethnography while collaborating with Japanese firms and engaging as a consultant with them. The results of this research came to fruition in the form of papers, theses and the organisation of further projects and research groups.
研究種目:基盤研究(C)
研究期間:2011~2014
課題番号:23520983
研究者番号:40369864
研究分野:文化人類学
Full-Text

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/12806/1/23520983seika.pdf

Number of accesses :  

Other information