研究報告書 行動情報解析による意味知識ネットワークの発達過程の解明

日高, 昇平

内容記述
近年の研究では、意味知識を、概念と概念の関係性(連想性、類似性など)に基づいたネットワークとして捉える理論が成人のデータを基に提案されている。その一方で、意味知識の発達過程に迫るために重要と考えられる乳幼児の大規模な意味知識の解析は困難である。その理由は、乳幼児は個々の単語の理解は可能であっても、複数の単語間の関係を判断し、それを産出(発話)する事が困難であるためである。本研究では、意味の理解を非言語的情報から推定することで、この問題を打開し、乳幼児の意味知識の発達過程を明らかにするための分析方法を提案した。 : Based on adults’ behavioral data, recent studies have proposed the theory, which treats semantic knowledge as the networks reflecting the associative or similarity relationship between concepts. It is, however, considered difficult to analyze infants’ and children’s semantic knowledge in a large scale network, which is crucial to understand its development. The major reason for this difficulty is that children cannot articulate their ideas on the conceptual relationships. Toward this problem, by statistically estimating semantic comprehension from non-verbal behavioral data, this research project has proposed the set of analytic tools for understanding the development of semantic knowledge in infancy and childhood.
研究種目:基盤研究(B)
研究期間:2011~2014
課題番号:23300099
研究者番号:50582912
研究分野:認知科学
本文を読む

https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/12805/1/23300099seika.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報