Journal Article モンテカルロシミュレーション法を用いたタゾバクタム/ピペラシリン(TAZ/PIPC)の最適投与方法の検討
Study of optimal administration method of tazobactam / piperacillin using monte carllo simulation
モンテカルロ シミュレーションホウ オ モチイタ タゾバクタム ピペラシリン TAZ PIPC ノ サイテキ トウヨ ホウホウ ノ ケントウ

河口, 義隆

66 ( 2 )  , pp.105 - 112 , 2017-05-01 , 山口大学医学会
ISSN:0513-1731
NCID:AN00243156
Description
緑膿菌に対するタゾバクタム/ピペラシリン(TAZ/PIPC)の効果を投与量,投与回数,投与時間を変化させた12通りの投与方法で検討した.モンテカルロシミュレーション法を用いて%Time above MIC(%T>MIC)が50%以上得られる確率(Target Attainment%:TA%)を腎機能別に算出し,TA80%以上を満たす投与方法を導出した.薬物動態パラメータは日本人肺炎患者における母集団薬物動態(population pharmacokinetics:PPK)解析結果より,MICは2011年から5年間に山口大学医学部附属病院で分離された緑膿菌のアンチバイオグラムからMIC_90値を設定した.50%T>MICが得られる確率(TA)80%以上かつ,より患者負担の少ない(低用量,少回数,短時間投与)投与を優先することを推奨する最適投与方法の基準とした.2015年の結果では,クレアチニンクリアランス(CLcr)20mL/min未満の患者で2.25g1日4回投与,CLcr20から29mL/minの患者で4.5g1日3回投与,CLcr30から79mL/minの患者で4.5g1日4回(それぞれ1回1時間点滴),CLcr80mL/min以上の患者では4.5g1回3時間点滴を1日4回投与が推奨された.ただし,期間ごとのMIC_90値には変動性があり,値が高くなると適応用量内では最適投与方法が推奨できない結果も得られた.腎機能別に患者を層別化し,感受性が不良な菌種における直近のアンチバイオグラムからMICを設定することで,経験的治療においてもPK/PDを考慮した最適な投与方法が推奨可能であった.
Monte Carlo simulation method was used to examine optimal administration method of Tazobactam / Piperacillin(TAZ/PIPC)against Pseudomonas aeruginosa(P. aeruginosa).The dose to obtain≥50% Time above MIC(%T>MIC)by renal functions and target attainment rates(TA%)≥80% ware calculated for 12 administration methods. Pharmacokinetic parameters were established according to population pharmacokinetic analyses in Japanese patients with pneumonia, whereas MIC was determined using the MIC_90 from the antibiogram of P. aeruginosa isolated at the Yamaguchi University Hospital in a 5-year period starting in 2011. Our recommended criteria for optimum administration was TA ≥80% with 50%T>MIC, and prioritizing facility for the patient(low-dose, lower frequencies and shorter infusion time).The results obtained in 2015 suggest a recommendation of 2.25g × 4doses/day for patients with creatinine clearance(CLcr)<20mL/min, 4.5g × 3doses/day for patients with CLcr 20-29 mL/min, 4.5g × 4doses/day in patients of CLcr 30-79 mL/min(1hour infusion),and 4.5g × 4doses/day in patients of CLcr≥80mL/min(3hours infusion). However, there was variation in MIC_90 levels between periods:some cases have much higher MIC_90 value, in which case the optimal dosage could not be recommended within the indicated dose.
Full-Text

http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/file/26988/20170712160319/B030066000204.pdf

Number of accesses :  

Other information