紀要論文 日本人にとって道徳はどのようなものとしてとらえられているか : 新しい道徳基盤尺度項目の開発を通じた検証
Considering the relation between the Haidt’s Moral Foundations Theory and Japanese morality through developing a new scale
ニホンジン ニトッテ ドウトク ワ ドノヨウナ モノ トシテ トラエラレテ イルカ : アタラシイ ドウトク キバン シャクド コウモク ノ カイハツ オ ツウジタ ケンショウ

本田, 志穂  ,  石丸, 彩香  ,  宇津宮, 沙紀  ,  山根, 倫也  ,  小田, 美優  ,  坂本, 和久  ,  大江, 慶寛  ,  小林, 仁美  ,  有馬, 多久充  ,  木寺, 碧  ,  小杉, 考司

66pp.95 - 106 , 2017-01-31 , 山口大学教育学部
ISSN:0286-0597
NII書誌ID(NCID):AN00240238
本文を読む

http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/file/26730/20170206160605/C010066000311.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報