紀要論文 就職活動を通じた地元志向の変化
Transition of local-oriented mind through the job hunting
シュウショク カツドウ オ ツウジタ ジモト シコウ ノ ヘンカ

平尾, 元彦  ,  田中, 久美子

13pp.65 - 71 , 2016-03 , 山口大学大学教育機構
ISSN:1349-4163
NII書誌ID(NCID):AA12007217
内容記述
地元志向は,就職活動を通じて容易に変化する. 就職活動前の地元志向と,結果としての地元就職は,出現率でみる限り大きな違いはない. 非地元志向者が地元で就職したり,地元志向者が地元を離れたり,両方の動きが観察される. 出会いによる視野拡大や,親の影響などが変化の要因と考えられる. 就職活動中の学生は,必ずしも地元の会社だけを見ているわけではない. 地元志向にとらわれることなく,幅広い視野で仕事選択の機会を提供することが重要である. それは結果として,地元就職を減少させるものではない.
本文を読む

http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/file/25952/20160620105206/D500013000006.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報