学術雑誌論文 術前診断可能であった胆嚢捻転症の1例
A case of preoperatively diagnosed torsion of the gallbladder
ジュツゼン シンダン カノウ デアッタ タンノウ ネンテンショウ ノ 1レイ

国居, 由香  ,  久我, 貴之  ,  平田, 健  ,  井口, 智浩  ,  藤井, 康宏  ,  須田, 博喜  ,  山口, 裕樹  ,  三谷, 伸之  ,  永冨, 裕二

65 ( 1 )  , pp.71 - 74 , 2016-02-01 , 山口大学医学会
ISSN:0513-1731
NII書誌ID(NCID):AN00243156
内容記述
術前診断可能であった胆嚢捻転症を経験したので報告する.症例は83歳,女性.突然の腹痛が出現し,他医を受診.急性胆嚢炎と診断され抗生剤内服で経過観察されていた.2日後,症状改善ないため当院受診した.CT検査で遊走胆嚢と胆嚢腫大,造影にて壁の阻血所見と渦巻像が認められた.以上の所見から胆嚢捻転症と診断され手術を行われた.胆嚢は壊死に陥っており,頚部で反時計回りに360度回転していた.捻転を解除したのちに胆嚢摘出術が施行された.胆嚢捻転症は遊走胆嚢の状態で胆嚢頚部や胆嚢管で捻転を起こし血行障害から急激な壊死性変化を起こす疾患である.早期の術前診断が重要である.一般に画像診断法として超音波,CT,MRIが行われている.自験例ではCTで胆嚢底部の偏位,胆嚢壁の阻血所見,浮腫性変化および渦巻像より術前診断可能であった.文献的考察を加えて報告する.
We report herein the case of an 83-year-old woman with torsion of the gallbladder. The patient was admitted to our hospital for investigation of abdominal pain and a cholecystitis was subsequently diagnosed by ultrasonography(US).An abdominal computed tomography(CT)revealed a torsion of the gallbladder. Thus, cholecystectomy was performed. Her postoperative course was unremarkable and she discharged 10 days after surgery. CT is a standard noninvasive imaging technique used for visualizing the gallbladder, the advantage of which include its safety, high sensitivity, specificity, and accuracy with three imaging angles.
本文を読む

http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/file/25921/20160314163750/B030065000108.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報