Journal Article 高年妊娠および出生前診断に対する女性のリスク認識と情報選択ニーズ
Women’s perceptions and information needs regarding advanced maternal age and prenatal testing
コウネン ニンシン オヨビ シュッセイゼン シンダン ニ タイスル ジョセイ ノ リスク ニンシキ ト ジョウホウ センタク ニーズ

村上, 京子

65 ( 1 )  , pp.5 - 13 , 2016-02-01 , 山口大学医学会
ISSN:0513-1731
NCID:AN00243156
Description
近年,高年妊娠による出産が増加している.高年妊娠では妊娠・出産による母体リスクのみでなく,胎児の先天異常の頻度が高くなることが知られており,出生前診断を検討する場合がある.本稿では,高年妊娠・出産によるリスクと出生前診断について概観し,筆者らのこれまでの調査結果をもとに高年妊婦と家族に対するプライマリケアの要点を検討した.その結果,女性の多くは「児の先天異常のリスク」について認識していたが,認識が低い者,母体年齢による児のリスクや出生前診断について全く情報を持たない者があることがわかった.また,検査について夫に相談し,申し出る者もあったが,自分自身で判断し夫婦間で積極的には話さない者もあった.医療者はそれぞれの女性と家族が持っているリスク認識を知り,ニーズに合わせた情報提供を行うことが大切である.また,検査を受けるかどうかの意思決定では,妊婦のみでなく,夫への情報提供が大切であり,看護職者は家族の意思決定パターンなどを理解し,調整を行っていくことが重要である.
Recently, the number of pregnant women of advanced maternal age(AMA)has been increasing rapidly. Women of AMA might be facing whether to undergo screening or invasive test to detect whether the fetus has an abnormality. This article summarized maternal-specific risks regarding advanced maternal age and explored the points of primary care for pregnant women and their partners from the result of our two studies. Our finding suggested that many women aware of pregnancy risks such as Down syndrome related increasing maternal age by surrounding children with Down syndrome and/or handicapped. But, most not aware risks in detail and a few not aware of the risks completely. While women often had discussion about testing with husband, some made individual choices and/or withheld information from husband. Nurses and health professionals need to adequately inform pregnant women about the genetic risk as their age and tests. Also, it is important to support for decision making process of the family.
Full-Text

http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/file/25914/20160314163307/B030065000101.pdf

Number of accesses :  

Other information