Journal Article タール便を契機に発見された十二指腸腫瘍の1例
A case of brunner gland hyperplasia with gastrointestinal bleeding
タールベン オ ケイキ ニ ハッケン サレタ ジュウニシチョウ シュヨウ ノ 1レイ

矢野, 愛恵  ,  平野, 厚宜  ,  大下, 理史  ,  原田, 克則  ,  土屋, 昌子  ,  木村, 輝昭  ,  加藤, 彰  ,  瀬戸口, 美保子  ,  山下, 智省  ,  沖田, 極

64 ( 2 )  , pp.115 - 120 , 2015-05-01 , 山口大学医学会
ISSN:0513-1731
NCID:AN00243156
Description
 タール便は主に上部消化管出血による症状であり,その原因としては,胃・十二指腸潰瘍,食道・胃静脈瘤破裂が多く,その他の原因はまれである.今回,我々はタール便を契機に発見された十二指腸腫瘍の1例を経験したので報告する.症例は64歳男性.主訴はタール便.患者はタール便を自覚し近医を受診.同院で上下部消化管内視鏡検査を施行され,十二指腸球部後壁に全体が発赤調で,大きさが20mmを越える粘膜下腫瘍 (SMT;submucosal tumor) 様隆起性病変が認められた.観察時に十二指腸病変からの出血は認められなかったが,頂部にびらんを認め,出血源の可能性が疑われたため,加療目的で当科に紹介,入院となった.入院後,上部消化管内視鏡検査を施行したところ,十二指腸球部後壁に全体が発赤調で,大きさが20mmを越える山田IV型様の形態をとる病変を認めた.立ち上がりはなだらかで,表面は平滑であり,SMTと考えた.同病巣に対し, EMR ; Endoscopic mucosal resectionを施行し一括切除した.病理の結果,30×25mm大のブルンナー腺過形成と診断した.ブルンナー腺過形成は主に十二指腸球部に生じる良性疾患であるが,サイズが大きいものでは出血や消化管閉塞を来たすことも報告されている.本症例は,腫瘤径が大きく切除の適応であったと思われる.また,腫瘍からの顕出血は認めなかったが,腫瘍表面は発赤が強く易出血性と考えられ,また前医で施行された上部消化管内視鏡検査では腫瘍頂部にびらんを認めたことより,同病変がタール便の原因であった可能性が示唆された.
Tarry stool indicates bleeding from diseases in the upper gastrointestinal tract such as peptic ulcers or rupture of varices. A 64-year old man complaining of tarry stool visited a hospital for check-up. Upper and lower gastrointestinal endoscopic examination revealed a submucosal tumor-like protruding lesion at the duodenal bulbus. Obvious bleeding was never seen around this lesion. Because there was a erosion on the polypoid lesion, we considered that the lesion was the source of bleeding. The resected specimen revealed that tumor size was 30×25mm and histological diagnosis was Brunner’s gland hyperplasia. We report a case of duodenal tumor found by tarry stool.
Full-Text

http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/file/24980/20150624133534/B030064000206.pdf

Number of accesses :  

Other information