紀要論文 調味料をかけることを表す日本語の動詞と場所格交替 : 現代日本語書き言葉均衡コーパスを用いて
Verbs of Seasoning in Japanese and the Locative Alternation: An Analysis Based on the Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese

野中, 大輔

38 ( 1 )  , pp.177 - 195 , 2017-09-30 , 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
ISSN:13458663
NII書誌ID(NCID):AN10148796
内容記述
日本語には様々な調理表現が存在する。加熱調理動詞など研究されているものもあるが、調味料をかけることを表す動詞(調味動詞)の研究はなされていない。本稿では現代日本語書き言葉均衡コーパス (BCCWJ) をもとに日本語にどのような調味動詞があるのかを明らかにし、格標示の観点から分類する。英語の事例との比較も行い、調味動詞が場所格交替とも密接に関連することを示す。
There are a wide variety of expressions which describe cooking procedures in Japanese. Though some of them have been discussed in the literature, verbs of seasoning have yet to be examined. This paper identifies verbs of seasoning based on the Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese and classifies them in terms of case marking. Comparison with their English counterparts shows that verbs of seasoning are closely related to the locative alternation.
論文 Articles
本文を読む

https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=48992&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報