Departmental Bulletin Paper バスク語の自動詞分裂と二言語使用
Split Intransitivity and Bilingualism in Basque

石塚, 政行

38 ( 1 )  , pp.65 - 85 , 2017-09-30 , 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
ISSN:13458663
NCID:AN10148796
Description
バスク語には自動詞分裂が見られる。一類自動詞は、主語の被動者性が高く、絶対格名詞句を主語とし、助動詞に存在動詞を選択する。二類自動詞の主語は能格で標示され、助動詞は所有動詞となる。西部諸方言では分裂が進み、自動詞ははっきりと2 つの類に分かれる。一方、東部諸方言は二類に属する自動詞が非常に限られており、純粋な能格型に近い文法組織を持つ。中部諸方言は両者の中間的な様相を呈する。歴史的には東部諸方言がもっとも古い状態を残しており、西部諸方言を中心に起きた変化が中部へと及びつつあるものと考えられている。本稿では、東部と中部の境界付近の話者の体系をフランス語からの借用語に注目して詳しく記述する。二類自動詞として用いうるのは、調査した自動詞の10%以下である。これらの二類自動詞のうち、新しい借用語ではない語の中には無生物主語の放出動詞と非限界的移動動詞の2つの意味グループを認めることができる。借用された自動詞が一類と二類のどちらに分類されるかという観点から、この話者の文法知識の中でこれらの意味グループが高い際立ちを持っていることを主張する。新しい借用語が無生物主語の放出や非限界的移動を表す場合、必ず二類自動詞として扱われる。そうでない場合、借用元の自動詞が所有動詞を完了助動詞として選択するならば、二類として標示することもできる。一方、借用元で存在動詞が選択されるならば、必ず一類自動詞として借用される。さらに、このパターンからは、東部諸方言に代表されるように二類自動詞が非常に少ない場合であっても、バスク語とフランス語の自動詞分裂の間に話者は対応関係を見出しているということが示唆される
Basque has two distinct patterns of marking intransitivity: Type A intransitives prototypically take an absolutive-marked patientive argument and select the existential auxiliary verb izan, while Type B intransitives take an ergative subject and select the possessive auxiliary verb *edun. Western varieties clearly distinguish the two types, whereas in eastern dialects, Type B verbs are narrowly confined and considered to be exceptional. Varieties spoken between the two areas diplay an intermediate pattern. Historically speaking, Eastern Basque is conservative compared to Western Basque. This paper presents data contributed by a speaker from the area where central and eastern varieties meet, focusing on intransitive verbs that seem to have been borrowed recently from French. Type B verbs account for less than 10% of the intransitives sampled. Among those Type B verbs that have not been borrowed recently are two major groups: inanimate emission verbs and atelic directed motion verbs. I argue that these semantic groups are highly salient in the speaker’s grammatical knowledge, drawing on the patterns in which the borrowed intransitives are categorized as either Type A or Type B. Inanimate emission verbs and atelic directed motion verbs that were recently borrowed must be marked as Type B, while other loan verbs can but need not be marked as such when the French counterparts select avoir ‘have’ as perfect auxiliary. Borrowed intransitives are always marked as Type A if their French equivalents select être ‘be’. These patterns also suggest that the correspondence between Basque and French split intransitive systems can be established even when Type B intransitives are a small minority.
論文 Articles
Full-Text

https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=48986&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

Number of accesses :  

Other information