学位論文 黄色ブドウ球菌のN-acetylglucosamine malate脱アセチル化酵素を介した糖尿病宿主に対する病原性発揮機構の解明

石井, 雅樹

2016-03-24
内容記述
学位の種別: 課程博士
審査委員会委員 : (主査)東京大学教授 関水 和久, 東京大学教授 堅田 利明, 東京大学教授 楠原 洋之, 東京大学教授 富田 泰輔, 東京大学講師 名黒 功
本文を読む

https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=48759&item_no=1&attribute_id=14&file_no=1

https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=48759&item_no=1&attribute_id=14&file_no=2

https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=48759&item_no=1&attribute_id=14&file_no=3

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報