紀要論文 語気助詞「啊(a)」による共有知識の提示 : 疑問文末用法を中心に

王, 瓊

4pp.10 - 19 , 2017-05-01 , 駒場言葉研究会 , Komaba Language Association , 東京大学人文社会系研究科
ISSN:2188-5877
内容記述
This paper discusses some issues related to the most widely used utterance particle " 啊(a)" in Modern Chinese, focusing on its sentence-final uses in interrogative sentences. Drawing on the following four behavioral traits of this particle: 1. It frequently appears in wh-questions; 2. It has a preference for rhetorical questions; 3. It often serves the same function as Japanese “noda”; 4. It is rarely used in quiz shows, I argue that the use of this particle in interrogative sentences indicates that some information shared by the interlocutors is in focus.
現代中国語の「啊(a)」は語気助詞の中で最も広く使われ、疑問文末にも用いられるが、従来の解釈では、以下のような言語事実を説明できない。①語気助詞「啊(a)」は特定疑問文とよく共起する。②「啊(a)」が反語文との相性がよい。③日本語の「ノダ」文と対応する。④クイズ番組における「啊(a)」の出現率が非常に低い。本稿では、このような言語事実には、話し手と聞き手の間の「共有知識」が存在することと、話し手がその「共有知識」を提示することが関係していると主張する。
本文を読む

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/72540/1/KLA_04_02.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報