Departmental Bulletin Paper 局所的無羨望条件と人口安定性に関する覚書
Neighbor-Envy-Freeness and Population Stability

加藤, 晋

67 ( 2 )  , pp.49 - 60 , 2016-03-31 , 東京大学社会科学研究所
ISSN:03873307
NCID:AN00108966
Description
本稿では、分割可能な財の公平配分について論じる。無羨望条件は、各個人がいかなる他人をも妬まないことを要請する規範的条件である。ここでは、無羨望条件を弱めた局所的無羨望条件を考察する。この局所的無羨望条件は、各個人について、近隣にいる個人を妬まないことを要請する規範的条件である。本稿では、局所的無羨望条件について若干の解説を行うとともに、そのもっとも弱い定式化の一つとして「隣人無羨望条件」を提案し、Thomson (1988, J Econ Theory 46: 237-254) の研究に基づきながら、その含意について検討を行う。こうした検討を通じて、一般的に局所的無羨望条件の分析においては、人口構造が決定的役割を持つということを明らかにする。
This paper proposes a concept of neighbor-envy-freeness, which is a natural weakening of envy-freeness. The concept requires that for each individual, his own bundle is at least as good as the bundle held by his neighborhood. We investigate its implications combining with population stability axioms, which are proposed by Thomson (1988, J Econ Theory 46: 237-254). Under population stability axioms, the set of neighbor-envy-free and efficient allocations coincides with the set of equal-income Walrasian allocations.
特集 社会規範と世論の形成
Full-Text

https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=16825&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

Number of accesses :  

Other information