紀要論文 生と死の<弁証法>と<内在的終末論>への願望 : 自然主義と歴史哲学の接合可能性を模索しつつN.O.ブラウン『エロスとタナトス』を再読する
<Dialectics> of Life and Death, and a Desire for <Immanent Eschatology> : an attempt to conjugate naturalism with philosophy of history : rereading of Psychoanalytical meaning of History

宮澤, 康人

42pp.45 - 56 , 2016-07-29 , 東京大学大学院教育学研究科基礎教育学研究室
ISSN:02857766
NII書誌ID(NCID):AN00162054
内容記述
特別寄稿
Contribution
本文を読む

https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=17358&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報