紀要論文 国際的な高齢社会政策枠組みにおける教育の位置づけの変遷
The Change of Position of Education in the International Policy Framework for Aged Society

須藤, 誠

40pp.43 - 52 , 2016-03-22 , 東京大学大学院教育学研究科生涯学習基盤経営コース内『生涯学習基盤経営研究』編集委員会 , Lifelong Learning Infrastructure Management Course Graduate School of Education, the University of Tokyo , 東京大学大学院教育学研究科
ISSN:1342193X
NII書誌ID(NCID):AA12463227
内容記述
本稿では国際的な高齢社会政策の枠組みの中に教育がどのように位置付いてきたのかを,国際連合の政策文書を通覧することで明らかにする。国際的な高齢社会政策枠組みは,第二次世界大戦以来「開発」をめぐる問題として位置付けられ,「開発」という語の持つ意味合いの変遷に影響を受けてきた。高齢者を対象にした教育は1990年代以降,経済開発の結果発生する副次的問題を解決するものとして,あるいは高齢者個人を労働力市場における人的資源として育成するものとして高齢社会政策枠組みに位置付けられており,2000年代以降には後者が強化される様相も見せた。その一方で,高齢社会政策枠組みはコミュニティにおける人々の活動への視座を欠落させており,教育についての言及がなされるさいにも地域コミュニティへの注目が薄れた。
This paper aims to explore the change of position of education in international policy frameworks for the aged society, especially those which have been discussed by United Nations (UN). The international policy frameworks for aged society has been regarded as "developmental" issues, and the change of the meaning of “development” has affected on the international policy frameworks for aged society and the roles of education. Education for elderly people has been expected to play the role of solving problems caused by economic development, or training elderly people individual as human resource since 1990s. This "development" concept has been overlooked the existence of local communities.
本文を読む

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/59334/1/life40_3.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報