Departmental Bulletin Paper 都市青年による集団形成の意義 : 1960年代から1980年代の日本都市青年会議の取り組みに着目して
The Significance of Group Formed by Urban Youth : Focusing on Activities of Urban Youth Association of Japan since the 1960s in the 1980s

大山, 宏

40pp.1 - 18 , 2016-03-22 , 東京大学大学院教育学研究科生涯学習基盤経営コース内『生涯学習基盤経営研究』編集委員会 , Lifelong Learning Infrastructure Management Course Graduate School of Education, the University of Tokyo , 東京大学大学院教育学研究科
ISSN:1342193X
NCID:AA12463227
Description
本稿の目的は,高度経済成長期以後の都市部における青年の集団形成に,どのような意義が見出されていたのかを検討することである。高度経済成長期以後も,都市青年自身によって集団形成に関する議論が続けられていた組織が,日本都市青年会議市青年会議である。そこで本稿では,日本都市青年会議の記録を基に,都市青年の集団の必要性が当時どのように論じられていたのか検討した。その結果,都市青年による集団形成は社会参加を促進するものであり,青年の社会参加によって望ましい地域像と青年像を構築していく過程として位置づけられていたことが明らかになった。
The purpose of this study is to examine the significance of group formed by urban youth of the time period of high economic growth. Urban Youth Association of Japan continued with discussion about the significance of group formed by urban youth since period of high economic growth. In this study, I examined the contents of the discussion about need for urban youth group on the basis of the record of Urban Youth Association of Japan. As a result, it is revealed that urban youth of the time period of high economic growth defined group forming as something to promote social participation, and they thought that they can build a desirable regional image and a desirable youth image on their social participation.
Full-Text

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/59332/1/life40_1.pdf

Number of accesses :  

Other information