Conference Paper 情報探索者の探索行動分析に基づく情報探索効率化のためのメタデータ体系化技法の開発

深尾, 浩  ,  岡田, 伊策  ,  阿部, 雅昭  ,  笈田, 佳彰  ,  齋藤, 稔  ,  稗方, 和夫

2015-11-13 , 富士通株式会社 , 株式会社富士通システムズ・ウエスト , 東京大学
Description
第26回 知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST)(人工知能学会第2種研究会), 2015年11月13日(金), 慶應義塾大学日吉キャンパス
社内実績資産の再利用によるスピード・コスト・品質の向上は重要であるが、情報に適切なメタデータが付与されていないため、情報探索者が有用な情報を発見するために多大な時間と手間がかかっている。未経験者から熟練者に至る様々な探索者毎に探索行動が異なり、探索時に必要なメタデータも探索者毎に異なることに着目し、情報に付与すべきメタデータを体系化する技法を開発した。本稿では、提案書作成時におけるケーススタディを行い、本技法の有効性について考察を行う。
Full-Text

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/59074/1/SIG-KST-026-03.pdf

Number of accesses :  

Other information