紀要論文 南あわじ市沼島方言のアクセントの2単位形
Two-Unit Forms of the Accent in the Nushima Dialect

中澤, 光平

36 ( . )  , pp.239 - 254 , 2015-09-30 , 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室 , Department of Linguistics, Graduate School of Humanities and Sociology, Faculty of Letters, The University of Tokyo , 東京大学大学院
ISSN:13458663
NII書誌ID(NCID):AN10148796
内容記述
研究ノート Source Materials and Remarks
本稿の目的は,兵庫県南あわじ市沼島(ぬしま)方言のアクセントについて2単位形を中心に記述することである。沼島方言のアクセント体系は,高起式と低起式の2式および下げ核で解釈され,淡路島方言と同様に中央式に属するが,沼島方言には淡路島方言を含む他の中央式諸方言には見られない2単位形が存在する。この2単位形は共時的には体系上不均衡だが、通時的に中央式の古い段階のアクセントの残存と考えられる。本稿では沼島方言に見られる2単位形として,1.助詞・助動詞のアクセント,2.副詞のアクセント,3.複合語のアクセントの3つを扱う。はじめに筆者の調査データを示し,共時的な解釈を行った後に,通時的な位置付けについて考察する。最後に,これら3つの分析を通じて,沼島方言の中央式における系統的な位置付けについて考察する。
This paper describes the accent system of the Nushima dialect (spoken in Nushima island, Minami-Awaji City, Hyogo Pref.), focusing on two-unit forms, based on the obtained data from the author's fieldwork, and discusses the genealogical position of this dialect. In terms of the accent system, the Nushima dialect belongs to the Chuo-shiki (aka Keihan-shiki) group just like the mainland dialects of Awaji-shima, yet the Nushima dialect has some two-accentual-unit forms which other Chuo-shiki dialects including the Awaji-shima dialects do not have. Synchronically, these two-unit forms are irregular in the accent system, but diachronically, they can be regarded as reflecting the old stage of the Chuo-shiki accent, indicating that the Nushima dialect branched from other Chuo-shiki dialects in an early stage.
本文を読む

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/58881/1/ggr036013.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報