Departmental Bulletin Paper 話し手・聞き手を指示する英語表現 : 主体性と客体性から
"Subjectivity" and "Objectivity" in the English Expressions of a Speaker and a Listener

湯本, 久美子

36 ( . )  , pp.185 - 217 , 2015-09-30 , 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室 , Department of Linguistics, Graduate School of Humanities and Sociology, Faculty of Letters, The University of Tokyo , 青山学院女子短期大学
ISSN:13458663
NCID:AN10148796
Description
論文 Articles
話し手を指示する英語表現は"I"のみとは限らない。典型的には聞き手を指示する"you"や他者を指示する"they"、さらには固有名詞や親族語等の役割名も話し手を指示する場合がある。加えて、"this"や"it"も話し手指示に使われることもある。聞き手を指示する英語表現についても同様であり、"you"のみとは限らない。本論ではこれらの話し手そして聞き手指示表現を認知文法の枠組みにおいて分析することにより、話し手が捉えている話し手自身の姿を考察する。考察の焦点を「主体性」と「客体性」の対比に置く。分析の結果、"I"は客体的自己を前面に出しながらもその背面には主体的自己を持っていることを示す表現であること、一方、"I"以外の話し手指示表現は、それが逆転し、主体的自己が前面に出されそして客体的自己が背面に表されている表現と考えられることを提案する。話し手は自身をどのように捉えているかで自身を指示する表現を使い分けていると考えられるのである。
English has many expressions referring to a speaker/listener. Not only "I" but also "you", "they", "we", proper nouns and various other words can represent a speaker and the same applies to a listener. This paper analyzes these expressions from the viewpoint of "subjectivity" and "objectivity" in the framework of Cognitive Grammar. A speaker fills two roles at one and the same time - a subjective role to observe the event and an objective role to act in the event. We will show that the pronoun, "I", focuses on a speaker's objective role with subjectivity in the background and "other expressions" place a speaker's subjective role in the foreground with objectivity in the background.
Full-Text

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/58879/1/ggr036011.pdf

Number of accesses :  

Other information