Departmental Bulletin Paper Japanese/Urdu Language Contact in a Religious Community : Lexical Borrowing and Phonological Adaptation
宗教コミュニティにおける日本語・ウルドゥー語言語接触 : 語彙借用と音韻同化

Yamashita, Rika

36 ( . )  , pp.167 - 184 , 2015-09-30 , 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室 , Department of Linguistics, Graduate School of Humanities and Sociology, Faculty of Letters, The University of Tokyo , 東京大学東洋文化研究所 , 日本学術振興会
ISSN:13458663
NCID:AN10148796
Description
論文 Articles
To bridge the absence of studies in the language use of migrants in Japan, this paper gives a description of what lexical forms Pakistani migrants in Japan 'borrowed'from Japanese/Urdu to the other language. This paper discusses three issues; (I) the kind of Japanese words incorporated in Pakistani adults'Urdu speech, (2) how bilingual pupils phonologically adapt names into Japanese, and (3) how the pupils borrow Urdu lexical forms in their Japanese speech. Phonological adaptation to Japanese includes individual names and certain cultural vocabulary. For some words, Urdu phonological features were retained even in the Japanese speech, which cannot be explained simply from their frequency of use.
日本に暮らす移民の言語使用に関する研究は大変少ない。本論文では、日本に暮らすパキスタン人移民がどのような日本語・ウルドゥ一語の語彙をそれぞれもう一方の言語に借用したかを記述する。具体的には、(1)パキスタン人成人のウルドゥー語にはどのような日本語語彙の借用が見られたか、(2)パキスタン人児童はどのように名前の音韻を日本語に同化させたか、(3)パキスタン人児童はどのようなウルドゥ一語の語彙を日本語の発話に借用したか、の3点に関して言及する。音韻同化は、個人の名前だけでなく、いくつか特定の語彙にも見られた。いくつかのウルドゥ一語語彙は、日本語に借用された際もウルドゥー語の音韻構造を残していたが、それらには使用頻度では説明ができないことを指摘する。
Full-Text

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/58878/1/ggr036010.pdf

Number of accesses :  

Other information