紀要論文 Metaphors We Don’t Live By : 現代英語母語話者はbyの時空間メタファーを使って生きているか
Metaphors We Don’t Live By : Do Contemporary Speakers of English Exploit Sapatio-temporal Metaphor When Using the Preposition by in Its Temporal Senses?

平沢, 慎也

36 ( . )  , pp.39 - 55 , 2015-09-30 , 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室 , Department of Linguistics, Graduate School of Humanities and Sociology, Faculty of Letters, The University of Tokyo , 東京大学大学院
ISSN:13458663
NII書誌ID(NCID):AN10148796
内容記述
論文 Articles
現代英語において、前置詞byの時間用法の一部と空間用法の一部を並べて観察すれば、そこに時空間メタファーの関係を見て取ることは確かに可能である。しかし、だからといって現代英語母語話者がbyの時間義を使用するたびに、byの空間義についての知識を時間領域にマッピングしている(発話の場でそのような計算を行っている)のだということにもならなければ、話者はbyの時間用法を記憶してはいないのだということにもならない。むしろ、byの実例の一つひとつをつぶさに検証すれば、話者が時間用法のby、空間用法のbyについて様々な個別知識を持っていると考える方が自然であることが分かる。本稿は、この結論が正しいことを、〈時の過ぎ去り〉用法と〈人物・物体の過ぎ去り〉用法を比較することにより確認する。この二つの用法はとても似ており、byの種々の用法の中で、時空間メタファーの計算がなされているように見える度合いが最も高い二用法だと言えるだろう。しかしこれらでさえ、細かく検証すれば、時間用法と空間用法それぞれに特有の性質があることが明らかになる。こうした性質は、時間用法の知識が空間用法の知識から独立したものであって、そこから発話時に導かれたものではない可能性を示唆する。従って、「発話の場でのメタファ一計算」という仮説は、少なくともbyに関して言えば、説得力に欠ける。
One could recognize a spatio-temporal metaphor between some spatial and temporal uses of the preposition by in present-day English. But this does not mean that contemporary speakers map their knowledge of the spatial uses onto the domain of time every time they use temporal by (i.e. that they conduct a relevant on line computation in each utterance), or that the temporal uses are not entrenched in their memory. Rather, a close inspection of each individual use of by reveals that they, more plausibly, have a vast range of highly specific knowledge on both spatial and temporal uses. The present article confirms this conclusion by comparing the spatial-passage use of by with the temporal-passage use. These two uses are so similar to each other that they are probably the best candidates in many uses of by for a spatio-temporal pair where the temporal use appears to be derived online from the spatial use. But even they yield to thorough investigation, and reveal their own peculiar properties which point to the possibility of the temporal knowledge being independent of, rather than derived from, the spatial knowledge. The online-metaphor-computation hypothesis, therefore, does not bear scrutiny at least as far as by is concerned.
本文を読む

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/58871/1/ggr036003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報