Departmental Bulletin Paper 統語面から見た現代標準アラビア語における法動詞の主語 : yumkinuの事例から
Subjects in the Modal Verbs in Modern Standard Arabic

後藤, 智明

36 ( . )  , pp.15 - 38 , 2015-09-30 , 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室 , Department of Linguistics, Graduate School of Humanities and Sociology, Faculty of Letters, The University of Tokyo , 東京大学大学院言語学研究室
論文 Articles
主語の定義としては、(ア)格変化、(イ)述語との一致、(ウ)統詩的性質の三つが主として用いられている。このうちどれを重視するかについては、対象とする言語や、学説によって違いがある。印欧語について言えば、大まかに言って伝統的分析では、(ア)格変化、(イ)述語との一致を重視し、対して現代言語学の一派である非典型的主語学説論者は、(ウ)統語的性質を重視する。しかし現代標準アラビア語研究では、(ウ)を重視する非典型的主語学説論者は基本存在しない。その理由としては、(ア)、(イ)を満たさないが、(ウ)では主語といえる非典型的主語の存在が、現象として現代標準アラビア語に存在しないとされているからである。現代標準アラビア語の主語について扱ったAbdul-Raof(1998)でも、主語の性質として最も重要視されているのは(イ)の述語との一致である。Parkinson(2008)では、動詞との一致が起こることを根拠に、yumkinu "可能である" は、動名詞や補文節が主語と述べている。しかし、前提である現代標準アラビア語の主語に、非典型的主語が見られないという現象記述は、筆者によれば疑わしい。後藤(2014)およびその後の筆者の2014年の調査に従えば、実際には現代標準アラビア語にも非典型的主語の現象が見られる。yumkinu "可能である" は、3の統語的性質からすれば、行為者と動名詞・補文節の双方に主語性が認められ、かつ行為者の主語性が動名詞・補文節の主語性より顕著である。この現象がある以上、これまでの研究のようにアラビア語の主語は(ア)格変化、(イ)述語との一致を見れば十分とは言えず、変わって(ウ)統語的主語性を重視する非典型的主語学説論を現代標準アラビア語にも適用すべきことを主張する。
Subjects are characterized by their case markings, agreements with the predicates, and syntactic features. However, there are disagreements on which traits should be emphasized as the core value to define them. In the description of Indo-European languages, traditional analyses emphasize the importance of (A) case markings, and (B) agreements with the predicates, in contrast to this, non-canonical subject theory propagators emphasize the importance of (C) syntactic features. In the research of Modern Standard Arabic, there have been only traditional analyses that emphasize the importance of (A) case markings, and (B) agreements with the predicates. That is because there have been no claims of non-canonical subject phenomena in MSA. Abdul-Raof (1998) claims that the most important characteristic of subjects in MSA is agreement with the predicates. Based on this point of view, Parkinson (2008) says that the subject of yumkinu "be possible" is verbal nouns or complement clauses. However, My research shows that the claim that MSA has no non-canonical subjects is not appropriate. In my research using the syntactic features, subjects of yumkinu constructions are doers rather than verbal nouns or complement clauses. Therefore the traditional analyses which claims the indispensable importance of agreements between subjects and predicates should be renounced.

Number of accesses :  

Other information