紀要論文 Estimating site index from ecological factors for industrial tree plantation species in Mindanao, Philippines
フィリピン ミンダナオ島における産業造林樹種の環境要因による地位指数の推定

CODILAN, Analyn L.  ,  NAKAJIMA, Tohru  ,  TATSUHARA, Satoshi  ,  SHIRAISHI, Norihiko

133pp.19 - 41 , 2015-09-01 , 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 , The University of Tokyo Forests , Laboratory of Forest Management, Department of Forest Science, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo , Institute of Renewable Natural Resources, College of Forestry and Natural Resources, University of the Philippines Los Baños Laguna , 東京大学大学院農学生命科学研究科森林科学専攻森林経理学研究室 , フィリピン大学ロスバニョス校森林・天然資源学部再生可能天然資源研究所
ISSN:03716007
NII書誌ID(NCID):AN00162451
内容記述
論文
本研究は,フィリピン ミンダナオ島の主要な産業造林樹種であるParaserianthes falcataria,Endospermum peltatum, Acacia mangium, Gmelina arborea の土地生産力を判定するため,地位指数と環境要因との関係を推定した。環境要因の推定には数値標高モデルを用い,地位指数との関係を重回帰分析によってモデル化した。本研究の結果,対象樹種それぞれについて,地位指数を推定するための多変数および一変数モデルが得られた。最も適合した多変数モデルは,標高,湿性指数,日射量,日照時間および降水量を変数とし,地位指数のばらつきの36 から61% を説明することができた。加えて,重回帰モデルと加重オーバーレイ解析とを組み合わせ,地位指数の空間分布を示すラスターマップを作成した。本研究によって,人工林経営の改善に役立つ樹種別の地位指数を定量的かつ視覚的に推定する手法を提示した。
本文を読む

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/58515/1/esrh133002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報