Conference Paper ドメイン知識の記述支援と活用のためのデジタル資産管理システム基盤「KASHIWADE」の開発 : 情報システム開発における設計書・設計知識への適用

中村, 覚  ,  大和, 裕幸  ,  稗方, 和夫  ,  岡田, 伊策  ,  齋藤, 稔  ,  笈田, 佳彰

2015-05-31 , 東京大学 , 富士通株式会社
Description
2015年度人工知能学会全国大会(第29回), 2015年5月30日(土)-6月2(火), 公立はこだて未来大学
本研究ではセマンティックWeb技術を用い、文書や画像等のデジタル資産とドメイン固有の知識を紐づけて管理するシステム基盤「KASHIWADE」を開発した。概念をノード、関係性をリンクによって表現するドメイン知識の記述支援機能、デジタル資産からのメタデータ自動抽出によるドメイン知識への関連付け機能を有する。本システム基盤を情報システム開発におけるデジタル資産管理に適用し、設計書・設計知識の再利用性の向上を確認した。
In this study, the platform system for Digital Asset Management which manages digital assets such as documents or images and domain-specific knowledge integrally with Semantic Web was developed. This system provides the functions to support the description of domain knowledge with nodes and links, and to relate it to digital assets with metadata extracted automatically from them. This system was applied to the management of design documents and knowledge in Information System Development, and the effectiveness of developed system was verified.
Full-Text

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/58513/1/2M5-4.pdf

Number of accesses :  

Other information