Departmental Bulletin Paper Soil nitrogen transformation dynamics in a suburban forest near Tokyo Metropolitan Area under high nitrogen deposition: A case study using stable isotope tracer techniques
東京近郊の森林における高窒素沈着下の土壌窒素の形態変化について : 安定同位体トレーサーを利用した事例研究

Shi Jun  ,  Ohte Nobuhito  ,  Tokuchi Naoko  ,  Isobe Kazuo  ,  Urakawa Rieko  ,  Imamura, Naohiro  ,  Oda Tomoki  ,  Suzuki Masakazu

132pp.17 - 34 , 2015-03-25 , 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 , The University of Tokyo Forests , Department of Forest Science, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo , Field Science Education and Research Center, Kyoto University , Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo , University of Tokyo Forest, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo
ISSN:03716007
NCID:AN00162451
Description
論文
大気沈着による窒素の負荷が過剰な森林における土壌中の窒素ダイナミクスの実態を明らかにするために,東京の都市近郊に位置する東京大学田無演習林内のスギ林分(Plot A)とクヌギ林分(Plot B)において,植物の成長期における有機物層,鉱質土層表層部の無機態窒素(NO3-,NH4+)現存量,総窒素無機化・硝化速度を測定した。両方の林分において,無機態の窒素濃度(10- 120 mg N (kg dry soil)-1)は有機物層,鉱質土層表層部で,日本の森林における平均的な値より顕著に高かった。総硝化速度も(3 - 26 mg N (kg dry soil)-1 day-1),両林分において我が国でこれまでに報告されている事例に比べて高かったが,総NO3- 不動化速度はPlot B(3 - 78 mgN (kg dry soil)-1 day-1)において,Plot A(3 - 17 mg N (kg dry soil)-1 day-1)よりも顕著に高かった。これらのことは,先行の調査結果でPlot B のA 層における土壌水中のNO3- の濃度がその上層に比べて低下し,Plot A ではその傾向が見られない現象を説明するものであった。日本の中央部に位置する桐生水文試験地のような窒素沈着量が少ないサイトとの比較から,反応性の窒素沈着が多いことが,NH4+ の生成- 不動化が支配的なシステムから,それにNO3- の生成- 不動化システムが付加されたシステムへの移行を生じさせる重要な要因であることが示唆された。
Full-Text

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/56595/1/esrh132002.pdf

Number of accesses :  

Other information