学術雑誌論文 小学校第6学年の理科教科書に見られる「推論すること」に関する研究 : 単元「水溶液の性質」を事例として
Developing Inference and Reasoning Using Science Textbooks for Elementary School: A Case Study Focused on the Unit‘Chemical Properties of Aqueous Solutions’ in Sixth Grade Science

内海, 志典

(6)  , pp.1 - 16 , 2018-03-31 , 初等教育カリキュラム学会
ISSN:2187-6800
NII書誌ID(NCID):AA12611299
内容記述
小学校理科の教科書で取り扱われている観察,実験において,8段階で構成される問題解決の過程の「予想・仮説の設定」と「考察」において,「推論すること」に焦点をあてて,小学校第6学年の単元「水溶液の性質」を事例として分析をした。観察,実験において,教師が児童に対して望ましい指導をするためには,教科書の構成については,次の4点が示唆された。(1)「問題の把握・設定」における「問い」は,疑問詞を用いると,「問い」の焦点化を図ることができる。(2)「予想・仮説の設定」と「考察」は,それぞれを「問題の把握・設定」と正対させることで,「推論すること」が明確となる。(3)「予想・仮説の設定」では,直前に行われる「観察・実験」が「自然事象への働きかけ」として機能すると,「推論すること」がより可能となる。(4)「考察」は,「観察・実験」及び「結果の整理」との関連がつくられることで,「推論すること」が可能となる。
This study explores the eight-step process of problem solving in elementary school science textbooks, with a focus on inference and reasoning. The results showed that inferential ability can be developed by setting up the assumption or the hypothesis before the observation and experiment, and reasoning ability can be developed in discussion after the observation and experiment.This study has four implications for textbook development. First, problems can be identified and set up using interrogative words. Second, inference can be developed by setting up the assumption or the hypothesis, and reasoning can be developed through discussion that refers back to the stage of identifying and setting up a problem. Third, observation and experimentation can be used as introductions when they are conducted just before the inference stage. Fourth, reasoning can be developed through discussion by making links with the observation and experiment and by assembling the results.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/45475/20180406133644227869/JEEC_6_1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報