Departmental Bulletin Paper 「対立をこえる」力の育成をめざす,二重過程理論を導入した公民科の授業開発 : 同性愛の非犯罪化をめぐる「ハート・デブリン論争」を題材として
Overcoming conflicts: civics class on dual-process theory

阿部, 哲久

(64)  , pp.35 - 49 , 2018-03-31 , 広島大学附属中・高等学校
ISSN:1349-7782
NCID:AA12025729
Description
社会でおこっている様々な対立の背景には人間の道徳的直観が存在するというジョシュア・グリーンの理論にもとづいて,社会的論争問題における対立を整理するための枠組みとして,直観と道徳的価値,功利主義による調停を明確化する「グリーン・モデル」を用いた授業を開発し,実践と評価を行った。その結果,「グリーン・モデル」の有効性が明らかとなった。
According to Joshua David Greene, moral intuition underlies various social conflicts. Based on his theory, a civics lesson on social dispute issues was developed, implemented, and evaluated. The results demonstrate the effectiveness of the Greene model, which clarifies intuition, morality, and mediation from the perspective of utilitarianism.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/45318/20180322143452385912/BullTheoryPracticeSecEdu_64_35.pdf

Number of accesses :  

Other information