紀要論文 An Outline of an English Course Using James Bond
ジェームズ・ボンド(James Bond)映画を使った英語授業の構築と教材開発

Howell, Peter

(21)  , pp.99 - 110 , 2018-03-01 , 広島大学外国語教育研究センター
ISSN:1347-0892
NII書誌ID(NCID):AA11424332
内容記述
本稿の目的は,ジェームズ・ボンドが登場する映画11 作品とそれらに関連する小説やテーマ・ソングに基づき,筆者が構築したThree Block method(3種類の言語活動に取り組む手法)を使って,英語の聴解力や発話力を伸長するためのコース構築をするために厳選した教材の概要を詳述することである。毎回のレッスンには主として,計6人の男優が演じたJames Bond と11名の女優が演じた‘Bond Girl’ たちの間で交わされた会話が,教材として用いられた。また,扱ったそれぞれの映画シーンに対応する,原作小説や映画がヒットしたことがきっかけで書き下ろされた小説作品の該当部分が,11編の映画テーマ・ソングとともに用いられた。各レッスンの3つ目の言語活動では,映画作品の内容を尋ねた「台詞Q&Aプリント」を準備し,受講学生は相手を変えながらペア練習を行った。後半では,受講学生の授業コメントの一部をいくつかを紹介し,最後に筆者(授業実践者)による振り返り評価を,これらの教材を使用した際に感じた課題とともに報告する。
This article gives an outline of materials chosen to create an English listening and speaking course from eleven James Bond films and their associated novels and theme songs, making use of the Three Block method developed by the author. Dyadic conversations between the movie character James Bond as played by six different actors and eleven ‘Bond girls’ formed the core of the materials used in each lesson. Corresponding extracts from novels or novelizations were used in combination with each movie scene, and theme songs from eleven films were also included. The third block of each lesson employed a scripted Q&A handout with questions related to the filmic material, to be used in conversations between pairs of students as they rotated around the classroom. Some student reactions are briefly presented, and the article concludes with reflections by the author after he had finished teaching the course, including reflections on some of the drawbacks encountered when using these materials.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/45303/2018032211435983797/h-gaikokugokenkyu_21_99.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報