学術雑誌論文 Stanford A型急性大動脈解離術後の高流量鼻カニュラ酸素療法の有用性の検討
Examination of the Usefulness of High Flow Nasal Cannula Oxygen Therapy after Stanford Type a Acute Aortic Dissection

佐藤, 浩毅  ,  近藤, 隆志  ,  原木, 俊明  ,  加藤, 貴大  ,  讃岐, 美智義  ,  濱田, 宏  ,  河本, 昌志

53 ( 3 )  , pp.39 - 42 , 2017-9-20 , 広島麻酔医学会
ISSN:0385-1664
NII書誌ID(NCID):AN00232251
内容記述
Stanford A型急性大動脈解離(AAD)の術後管理において,呼吸管理は重要な問題の一つである。この研究ではAAD術後患者に関する高流量鼻カニュラ(HFNC)の有用性を検討した。当院の外科手術後集中治療室においてHFNCを導入する前に呼吸管理をした患者群(導入前群:9例)とHFNC導入後にこれを用いて呼吸管理をした患者群(導入後群:7例)を対象に,後方視的に比較検討を行った。患者背景因子および術中経過に有意な群間差は認めなかったが,人工呼吸器離脱直前のPaO2/FiO2比(P/F)は導入後群で有意に低かった(導入前群:284±28,導入後群:205±6)。人工呼吸器離脱後の経過や有害事象の発生数に有意な群間差は認めなかった。本研究では,HFNC導入によりP/Fが200程度の患者であっても人工呼吸器からの離脱が可能であった。有害事象の発生数に両群間に差を認めなかったことから,HFNCはAADの術後に用いることができる呼吸管理法になると結論した。
In this study, we retrospectively reviewed the records of patients who underwent open operation for acute aortic dissection (AAD), and assessed the clinical superiority of postoperative respiratory management with high flow nasal cannula (HFNC) in comparison with conventional management with the face mask. PaO2/FiO2 before tracheal extubation in the HFNC group (n = 7) was 205, and which was lower than that in the conventional management group (n = 9). The HFNC was not inferior to the conventional face mask for improvements in oxygenation, stay lengths in the surgical intensive care unit, and frequencies of adverse events. In conclusion, we suggested that the HFNC could be an option for postoperative respiratory management of AAD.
本論文の要旨は,第44回日本集中治療医学会学術集会(2017年,札幌)で発表した。
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/44123/201710031158175756/AnesthResus_53-3_39.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報