紀要論文 幼小中一貫校における放射線と健康に関する指導のあり方の検討 : 健康教育と理科教育の視点をふまえた放射線教育の取り組み
Consider the guidance of the way on radiation and health in kindergarten, elementary and junior high schools consistently: Efforts on radiation education based on viewpoints of health education and science education

荒谷, 美津子  ,  川崎, 裕美  ,  高木, 明子  ,  高橋, 法子  ,  奈良原, 珠美  ,  佐原, 美穂  ,  風呂, 和志

(45)  , pp.225 - 235 , 2017-03-31 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NII書誌ID(NCID):AA11551679
内容記述
平成23年の東日本大震災による福島第一原発事故の災害により,福島県民の健康不安や周りの者からの風評被害が社会問題となり,教育現場においてもいじめなどの深刻な人権問題が生じた。そのことから,今後は,子ども達の放射線に関する基礎的知識の習得,放射線に関する課題についての思考・判断能力の育成が求められると考えられる。本研究では,発達段階の違いを考慮した上で,実態に即した学習内容を検討するために小学6年生と中学3年生に「放射線に関する認識について」の調査を実施し,実態を比較検討した。その調査結果から,放射線についての教育プログラムを開発検討するにあたり,放射線についての正しい知識を身につけ,より実生活と結びついた教育内容を展開する必要があると考えた。研究結果として,小学6年生と中学3年生では放射線に関する認識・知識に大きな差が見られなかったことから,小学6年生と中学3年生の児童生徒が合同で放射線に関する学習プログラムを展開し,発達段階の異なる者同士が意見交換をしながら思考・判断能力を育むという,学習の相乗効果を見込んだ働きかけも可能であると考えられた。
Due to the Fukushima Daiichi nuclear accident due to the Great East Japan Great Earthquake of 2011, damage caused by Fukushima citizen's health and rumors became a social problem and human rights problems such as bullying also occurred in the educational setting. From that, it is required to acquire basic knowledge on children's radiation and to develop thought / judgment abilities.In this research, we aimed to develop radiation education programs by conducting a survey on "radiation recognition perception" in elementary and junior high school students and junior high school graders. As a result, since there was no significant difference in elementary and junior high school students' recognition and knowledge, we thought that synergistic effects of learning can be expected by developing a learning program that elementary school students and junior high school students can jointly perform.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/43398/20170629104638787747/AnnEducRes_45_225.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報