Departmental Bulletin Paper 技術科教員養成における大学と附属学校間での体系化した指導方法の検討
Investigation into Systematized Teaching Method Between a University and Attached School in Teacher Training for Teaching Technology.

向田, 識弘  ,  川路, 智治  ,  堤, 健人  ,  谷田, 親彦  ,  川田, 和男  ,  木村, 彰孝  ,  田島, 俊造  ,  田中, 秀幸  ,  長松, 正康  ,  藤中, 透

(45)  , pp.111 - 121 , 2017-03-31 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NCID:AA11551679
Description
教育実習は教員養成における教科に関しての専門的知識,実践的指導力の育成に大きく関わると考えられている。また,単数の専任教員が指導する技術科において,大学・学部と学校現場の連携は非常に重要である。本研究では,教育実習における技術科教員養成のための体系的な指導方法を検討・試行することを目的とし,到達目標および指導方法の検討と,学生が教育実習時に自己評価するための「授業評価チェックシート」を開発した。授業評価チェックシートは,技術科の教育実習で身に付けられる実践的指導力を整理し,授業観察,学習指導案の作成,模擬授業,授業実践時に用いることができるように構成した。そして,この授業評価チェックシートを用いた指導方法を附属学校で統一し,教育実習関連科目での観察実習や授業実践の場面で実践した。その結果,2期制の教育実習において,附属学校教員がそれぞれの到達目標や方法をもとに学生に指導することができ,それぞれの学校で一貫した指導ができた。「授業評価チェックシート」を用いることで,技術科教員として身に付けるべき資質や能力を学生が自己分析することができ,実践的指導力の向上に貢献できると考えられる。
The purpose of this study is to examine the teaching method for student teachers of technology in teaching practice. We developed a “Lesson Evaluation Check Sheet” for student teachers of technology to self-evaluate lessons at the time of educational practice. This sheet was constructed so that practical leadership skills acquired in the teaching practice of the technical department can be categorized and used for lesson observation and lesson practice. We used this sheet in observation practice and teaching practice in the courses related to teaching practice. As a result, attached school teachers were able to instruct students based on our methods in their teaching practice. Furthermore, students were able to self-evaluate the qualities and abilities the students should possess using the “Lesson Evaluation Check Sheet”. We believe that this check sheet will contribute to improving students’ practical leadership skills.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/43387/20170628142551525326/AnnEducRes_45_111.pdf

Number of accesses :  

Other information