紀要論文 資質・能力の育成のための表現と鑑賞の関連的な題材開発 : 作家研究から発想を得た小作品の制作と展覧会の開催を通して

松本, 裕子

7pp.201 - 208 , 2017-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
内容記述
本研究の目的は,美術科における表現と鑑賞の関連的な題材を開発し,「主体的で,対話的な,深い学び」へ向けた授業改善を図ることにより,美術科の本質に根ざした資質・能力の育成の在り方を明らかにすることである。本題材の特徴は,展覧会を開催しギャラリートークをすることを目標に掲げてスタートし,生徒が主体的に取り組みやすい作家研究レポートの様式を開発して取り組ませ,その作家の「様式(スタイル)」や考え方をもとに発想した小作品を制作したことである。研究方法としては,作家研究レポートや小作品に見られる生徒の主体的な取組や,制作過程における小グループでの対話的な学びの効果について分析することとした。その結果,表現と鑑賞の相乗効果により,対象を深く鑑賞する能力を高めたり,自作を客観的に捉え直し主体的に主題に迫る表現を工夫したりする姿が見られた。
The purpose of this study is three folded; 1) to create a teaching material collaborated expression and appreciation, 2) to improve lessons to make them "active, interactive, deep", 3) to clarify a new direction of developing students' quality and competence in terms of nature of art education. The features of this study are (a) that the author announced the goal of the lesson; having an exhibition and interacting with visitors, (b) that the author developed a teaching material for students to conduct a project actively about an artist, (c) students create a small art inspired by the style and belief of the artist. The author analyzed students' work on the project and the small art and the effect of interaction in a small group through creating arts. As a result, both expression and appreciation work positively; students develop their ability to appreciate arts deeply, and improve their arts willingly.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/43079/20170531120130251953/MiharaEIKenkyukiyo_7_201.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報