紀要論文 実践的態度を育む保健指導の検討 : 第5学年「メディアが心身の健康に与える影響」を通して

奈良原, 珠美

7pp.147 - 154 , 2017-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
内容記述
本研究の目的は,ゲームやスマートフォン等の使用により,脳や心身にどのような影響があるのかについて,文献をまとめ明らかにする事と,子どもたちが学んだことを,実生活に活かすことのできる保健指導の在り方について検討する事である。実践的態度を育むための手立てとして,「事前調査の工夫」「ゲーム依存度テストの活用」「健康への影響をどう教えるか」「生活を振り返り課題と改善策を考える活動」「保護者を巻き込んだ取り組み」をあげている。検証の結果,事前に行った「メディア接触時間実態調査」,授業中に行った「ゲーム依存度テスト」は,自分の課題や現状を知る上で有効だった。授業後に保護者を巻き込んで行った「アウトメディアチャレンジ」も,メディア社会につかっている家庭に一石を投じる機会として有効で、あった。今後は低学年へのゲームに関する指導方法の開発と,インターネットに関する教材化についても検討していきたい。
This study aims to examine how playing games or using smartphones influence on our brains or bodies by reviewing previous researches, and what kind of instruction on our health can be utilized in daily life. The researcher adapted five methods for developing their active attitudes: inventing the feasibility studies, utilizing tests concerning dependency on games during lessons, the way to teach the impact on our health, activities to think of problems and solutions through their life, and activities involving their parents. One of the findings is that students managed to understand their current situations and problems through the feasibility studies on time to contact with media and the test concerning dependency on games. After these lessons, doing "out media challenge", living on life without media, with their parents provide both students and teachers with a chance to change their minds. The future studies would be expected to consider the development of the pedagogy for enhancing lower students to think of involvement with games and invention of materials about internet.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/43071/20170531103143620324/MiharaEIKenkyukiyo_7_147.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報